デジタル&エマージングテクノロジー

> コンサルティング

エマージングテクノロジーの出現により、全ての産業は再構築を迫られ、経営トップは新しいテクノロジーを競争優位へ転換するために新しいケイパビリティを受け入れる必要があります。
デジタル&エマージングテクノロジーでは、ブロックチェーンやIoT、5G、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)といったテクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーションの戦略策定から導入支援に至るまで、エンド・ツー・エンドでクライアントの変革や競争力強化を支援します。

EYができること

EYのさまざまなケイパビリティを用いて、ブロックチェーンやIoT、5G、RPAといったテクノロジーのフィージビリティスタディ、概念実証(POC)、導入支援、運用保守まで一貫してサポート


CIO(最高情報責任者)の抱える複雑化した課題の解決を多角的に支援するために、3つのIT サービスを提供しています。

1.Sector Oriented IT Service

業界知見とIT知見の両方を生かし、企画検討段階からシステム導入を見届けるまでの広いスコープを支援します。

2.Global IT Service

クライアントビジネスの急成長を支える「グローバル展開」「M&A」といった施策を支援します。

3.IT Solution Service

マーケットに流通するベストプラクティスを活用して、システム開発そのものよりもビジネス変革を推進する支援を提供します。

  • インテリジェントオートメーション(RPA)

    インテリジェントオートメーション(RPA)

    製薬会社でRPAを導入すれば、人的リソースをより価値の高い作業に従事させることができ、生産性やプロセスの拡張性が高まります。

    ソフトウェアロボットの力

    • 一般にはフルタイム従業員3~5人分の仕事量
    • 24時間365日稼働
    • 精度99%

    ライフサイエンス企業でのRPA導入にあたって、私たちは次のようなサポートを行います。

    • 評価
      組織とプロセスを評価し、RPAの活用機会を識別します
    • 展開と機能強化
      RPAアプリケーションのインストール、コンフィギュレーション、テスト、展開。機能の強化。ロボティクスのメリットを最大限生かすためのプロセスや組織的連携の再設計
    • 運用(将来の姿での)
      ロボティクスソリューションの継続的機能強化のホスト、モニター、実行。セキュアな接続によってクライアント環境にアクセス

    想定されるさまざまな利点

    • 精度
      最初から的確な結果、判断、計算
    • 一貫性
      アウトプットのばらつきを抑えた同一のプロセスやタスク
    • 柔軟性および融通性
      処理量の増減があってもすぐに増強・縮小が可能
    • 監査証跡
      コンプライアンスに必要なログを完全記録
    • 人材の維持
      やりがいのある業務への変更が可能
    • 生産性
      人的リソースをもっと価値ある作業へ
    • 信頼性
      24時間365日稼働
    • 適切なショアリング
      所在地に依存しないため、ビジネスケースにマイナス影響を与えず適切なショアリングが可能
  • EYスマートファクトリー

    EYスマートファクトリー

    マージンへの圧力と変化する消費者ニーズに対応するビジネス環境において、製造部門のパフォーマンスはかつてないほど重要視されています。サプライチェーン責任者を悩ませる4つの課題には次のようなものがあります。

    • オペレーショナルエクセレンスの改善
    • 複数のラインやオペレーションでの配置の拡張性とスピード
    • IoT(モノのインターネット)の投資利益率(ROI)
    • パフォーマンス重視型文化の醸成

    その答えとして、ディスラプティブテクノロジーを歓迎する声も一部にはありますが、新しいテクノロジーを導入するだけでは課題は改善しません。真のパフォーマンスの改善は人によってもたらされます。適切なプロセスと適切なトレーニングがあることで、新しいテクノロジーによる意思決定が可能となるのです。

    EYスマートファクトリーは、製造部門責任者が取り組むグローバル・オペレーショナルエクセレンス・プログラムの構築、実施、推進を、連結された中央一元管理システムの中でサポートします。優れた実務手法、方法論、ツール、トレーニング、アナリティクスが蓄積された広範なデータベースにアクセスできるほか、統合型ソリューションがパフォーマンス改善の追跡、持続を可能にし、全てのワークフォースがなぜ改善が必要なのか、また、いつ・誰が・何をすべきかを理解できるようになります。

    EYスマートファクトリーの活用によって、コストとキャッシュフローの持続的改善、製造の信頼性強化、デジタルが駆使された製造現場、さらには、情報と手段を手に入れた、意欲の高いより積極的な現場の実現が期待できます。

    EYスマートファクトリーのケイパビリティは以下のようなものです。

    • 製造チェーンのどこからでも確認できるリアルタイム、オンデマンド型のパフォーマンス進捗レポートを提供
    • 物理的プロセス管理を改善するための情報と技術
    • プロセスの精緻化と高度な分析による、製造状況の詳細な把握
    • 状況に柔軟に応じられる事前対応型製造プロセスの実現
    • サプライヤーや顧客とのエンド・ツー・エンド統合を円滑化
  • ブロックチェーン・コンサルティング・サービス

    ブロックチェーン・コンサルティング・サービス

    ブロックチェーンは、分散したコンピューターネットワーク間でpeer-to-peerの取引を実現します。これにより、仲介者の介在をなくすなどビジネスプロセスを合理化し、取引や決済などの処理を迅速化させ、さらには、セキュリティも強化することができます。

    本来一括して保管すべきデータが各所に分散して保管されている場合、セキュリティを確保するための手段として、ブロックチェーンは選ぶべき選択肢となります。ブロックチェーンを活用する利点としては、データ照合の廃止、データの標準化・統一化、リスク軽減などが挙げられます。

    ブロックチェーンの主な特徴は次の3つです。

    1. 分散型台帳
    2. コンセンサスアルゴリズム
    3. スマートコントラクト

    EYが提供するブロックチェーンの取り組みアプローチでは、EYのさまざまなケイパビリティを用いて、ブロックチェーンの必要性評価から導入の実行支援まで行います。

    1. ブロックチェーンの必要性評価:第1段階では、ブロックチェーンに対する認識を高め、ブロックチェーンで解決可能な課題を識別します。
    2. ブロックチェーン導入機会の識別:第2段階では、付加価値が最も高い事例やユースケースを識別します。
    3. ブロックチェーン導入に向けた変革のロードマップ策定:第3段階では、複数のイニシアチブから成る変革ロードマップをまとめ、各イニシアチブ、各タスクの優先順位を決定します。
    4. ブロックチェーン導入の実行支援:最終段階では、概念実証の定義・計画・実行、そして、組織・バリューチェーン全体を巻き込んだ本番稼働を支援します。

    次の5つの項目について検討したことはありますか

    • ブロックチェーンは、組織のバリューチェーンの価値をどう高められるか。
    • ブロックチェーンは、2年後、5年後、10年後の組織にどのような影響を与えるか。
    • ブロックチェーンの導入によって、税務上または法的にどのような影響があるか。
    • 組織内にブロックチェーンの取り組みに対する阻害要因はあるか。
    • 社内でのイノベーションはどのように行われているか。

    EYのコンサルティングチームは、こうした重要項目に答えるためのサポートを提供します。私たちには、他にはない答えがあります。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。