3 分 2018.04.25
it computer expert working on network

デジタル時代に税務・財務部門が価値を実現する方法

執筆者

EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団

3 分 2018.04.25

税務当局による監視が厳しさを増す中、企業の税務部門は自信を持ってデータが正確かつ安全であり、監査に対する備えが万全であることを担保する必要があります。

透明性に対する要求の高まりを背景に、多くの税務当局が納税者データを照合し共有できる高度なデータ収集プラットフォームの構築を進めています。現在、かつてないほどの多くの情報が政府と企業の間でやり取りされています。これらのデータは分析され、これまでにないより幅広い用途で利用されています。

監視の厳しさが新たなレベルに達したことで、企業(特に税務・財務部門)は、どのような情報の提供を求められるかについて把握し、自信を持ってその情報の正確性、安全性、フォーマットの適切さを担保する必要が出てきました。現在の新たなデジタルタックス環境はデータを基盤として構築されており、得られる成果の質は投入されるデータの質にかかっているのです。

課題

経済協力開発機構(OECD)の国別報告(CbCR)要件は、データの収集・開示の強化を義務付けています。米国をはじめとする複数の国がCbCR要件を採用し、さらに多くの国が間もなくこれに続くため、データの収集・分析の量は今後も増加し、ペースは加速するでしょう。

多くの税務当局はさまざまな情報源からデータを収集し、企業の税務プロファイルのより包括的な全体像の把握に努めています。企業は、顧客請求書、口座明細、税関申告書、仕入先請求書、銀行取引記録を、すべて政府が指定したフォーマットで(かつより短期間のうちに)提出するよう求められ、その頻度はますます高まっています。

透明性に対する要求の高まりを背景に、多くの税務当局が納税者データを照合し共有できる高度なデータ収集プラットフォームの構築を進めています。現在、かつてないほどの多くの情報が政府と企業の間でやり取りされています。これらのデータは分析され、これまでにないより幅広い用途で利用されています。

監視の厳しさが新たなレベルに達したことで、企業(特に税務・財務部門)は、どのような情報の提供を求められるかについて把握し、自信を持ってその情報の正確性、安全性、フォーマットの適切さを担保する必要が出てきました。現在の新たなデジタルタックス環境はデータを基盤として構築されており、得られる成果の質は投入されるデータの質にかかっているのです。

課題

経済協力開発機構(OECD)の国別報告(CbCR)要件は、データの収集・開示の強化を義務付けています。米国をはじめとする複数の国がCbCR要件を採用し、さらに多くの国が間もなくこれに続くため、データの収集・分析の量は今後も増加し、ペースは加速するでしょう。

多くの税務当局はさまざまな情報源からデータを収集し、企業の税務プロファイルのより包括的な全体像の把握に努めています。企業は、顧客請求書、口座明細、税関申告書、仕入先請求書、銀行取引記録を、すべて政府が指定したフォーマットで(かつより短期間のうちに)提出するよう求められ、その頻度はますます高まっています。

さらに、提出するデータのフォーマットは、企業によるデータの追跡・収集形式とは異なる場合があります。

税務当局はデータ分析エンジンを使用して、請求書と記録の不一致の検証、販売と購入に関する申告内容の確認、給与計算と源泉徴収に関する申告内容の確認、管轄区域や納税者間のデータ比較を行っています。

企業にとっての意味

政府が進める措置に歩調を合わせ、さらに一歩先を行くために、企業はビッグデータとデータアナリティクスの視点を通じて税務部門を見直し、データの収集、保存、分析方法を再考しなければなりません。文書はネットワーク共有ドライブ、個人のハードドライブ、外部プロバイダーのシステム、文書管理システムや電子メールなど、さまざまな場所に保存されている可能性があります。

政府が進める措置に歩調を合わせ、さらに一歩先を行くために、企業はビッグデータとデータアナリティクスの視点を通じて税務部門を見直し、データの収集、保存、分析方法を再考しなければなりません。

問題をさらに難しくするのは、要求される情報がさまざまな部署や地理的位置に分散していることです。このため、必要なときにデータを見つけにくく、データの収集・提供時期の把握が難しくなります。このような課題は、堅牢なデータ管理と分析システムの開発を通じて軽減が可能です。

さらに、要求された情報を税務当局に提出するにあたり、特に透明性が向上し情報のやり取りが増加している現在の環境では、監査に対する備えが万全なファイルを作成するため積極的な措置を講じる必要があります。

何をすべきか

税務部門には、データ管理の強化を促す全社的なイニシアチブとトランスフォーメーションを取り入れることにより、デジタルタックスの新時代において価値を創出し、リスクを軽減するチャンスが到来しています。データアナリティクスを活用してリスクを管理し、コストをコントロールし、豊富な情報に基づいてコミュニケーションやビジネス上の意思決定を行うことにより、企業はこの価値を実現できます。

先見性のある企業は、すでに以下のような措置を進めています。

  • 世界中の税務当局のデジタル面の要求に応える、データ要件、プロセス、テクノロジーの詳細なレビューを実施する。
  • 送信済みデータのテストとレビューを行って税務当局によるこうしたデータの利用方法を可視化し、問題が発見された際のリスクを定量化し軽減する。
  • 効率を向上させ、送信済みデータをリアルタイムで可視化する複数国でのデータ管理および分析機能を開発する。
  • 従来型のコンプライアンス活動から、リアルタイムのデジタル監査への準備活動に焦点をシフトし、この転換を支えるために、テクノロジー、プロセス、人材を変更する。
  • 税務データの収集や提出に影響する法制度・規制上の変更に対して、常に最新の対応ができる状態を保ち、必要に応じて政策決定者に意見を提供する。

サマリー

企業は、税務関連のデジタルプロセスを最新の状態に保ち、社員を十分に教育しておく必要があり、これができなければ、コンプライアンスと監査のリスクに直面することになるでしょう。

この記事について

執筆者

EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団