M&Aデューデリジェンス

EYは財務、税務、コマーシャル、オペレーション、IT、サイバーの各分野のデューデリジェンスを実施し、貴社がM&Aにおけるバリュードライバーを見極め、買収手法の改善、リスクの軽減が達成できるように支援します。また、将来の業績予測の前提条件の再検討を行い、買収価格の適切な評価を行うことを支援します。

EYができること

EYは以下の分野においてデューデリジェンスを実施し、貴社がディールのバリュードライバーに関わる課題を解決できるようサポートします。

  • コマーシャルデューデリジェンス

    • ディールの戦略的根拠は何か、そしてターゲットを有力候補とする魅力は何か
    • 買収によって新たに構築もしくは、参入できる市場、顧客、販売チャネルにはどういったものがあるか
    • 買収がどのようにして、貴社のブランド力や市場での地位の向上に貢献するのか
  • 財務デューデリジェンス

    • 報告された過去の実績は、直近の収益性を正確に反映しているか貴社は、予測の根拠となる適切なデータを保有しているのか
    • 買収価格に影響する要因があるとすれば、それはどのようなものか
    • 最も懸念されるバランスシート、オフバランスシートのリスクは何か
    • 会計上の問題は、ディール実施後の貴社の決算または開示にどのような影響を与える可能性があるか
  • 人事デューデリジェンス

    • 従業員の役割、責任、階層の変化が、組織全体の設計にどのような影響をもたらすのか
    • 将来のビジョンに沿った従業員の報酬および福利厚生プログラムをどのように設計、実装し、展開すべきか
    • シームレスなオンボーディングを実現するためには、どのようなターゲットアクションを実施し、リーダー、ビジネス、従業員を連携させるべきか
  • ITデューデリジェンス

    • 業務の混乱を最小限にしつつ、買収先企業とのIT接続を可能にするために、Day1ではどのような計画、準備が必要か
    • 買収をIT改革の触媒として活用するためにはどうすればよいか
    • 新しい市場へのアクセスおよびオペレーションの改善を図るにあたり、既存のIT機能をどのように評価すべきか
  • オペレーションとシナジー

    • シナジー効果の源は何か、またそれらはどのように定量化されるか
    • Day 1およびその後の主要なオペレーション上のリスク、優先的課題は何か
    • どのようなシナジー効果が考えられるか(収益、費用、税、バランスシートなど)
    • シナジー効果を実装し、実現するための適切な計画はあるか
  • 法規制対応

    • どのような規制問題が、コンプライアンスを脅かし、トランザクションバリューを目減りさせるのか
    • 潜在的に予見される規制の変更は、買収先の成長の実現にどのような影響を及ぼすか
  • サイバーセキュリティ

    • インフラストラクチャーや重要なアプリケーションを統合させる一方で、会社の情報や資産をどのように保護すべきか
    • 買収におけるITセキュリティの脆弱性はどこにあるか

    詳しい内容を知る

  • バリュエーション、モデリング & エコノミクス

    • 買収の対価は複雑か
    • 価格に関する社外の意見を入手することによって、取締役会は保護されているか
    • 買収先企業の貸借対照表の受入時の時価評価による影響は、明確に理解されているか
    • 税務ストラクチャリングにおいて、効率を最大化するために、評価額を十分に理解しているか

    詳しい内容を知る

  • トランザクション・タックス

    • トランザクションの商業的目的、投資効果を達成するための税効率の高いストラクチャーを実現しているか
    • 税務リスク・係争に対し、グローバルな連携アプローチが採られているか
    • デジタル化による事業戦略、ビジネスモデル、サプライチェーンの変革の税務上の影響は考慮されているか

    詳しい内容を知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。