2021年11月、イギリスにおいて、国連気候変動対策会議(COP26)が開催され、温室効果ガスの削減目標の達成や各国の協力関係が議論されました。経済協力開発機構(OECD)では、経済のデジタル化やBEPS2.0にて提示された次世代のグローバル課税において、税務マネジメントの大きな変革の時を迎えました。

その中でもESGは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を意味し、各国政府や、投資家、あるいは消費者が企業価値を考える際に、ますます重要になっています。企業の持続的成長(Sustainability Development)や長期的価値(Long-term Value: LTV)へ与える影響から、気候変動関連リスクに代表されるESG課題を、多くの企業が認識するようになり、さらなる関与と透明性が求められています。

図1 企業のLTV向上、企業の持続的成長

近年、これらのESG課題に対応するため、世界中で着々と制度が整えられています。

図2 ESG課題


EYができること

EYでは企業のサステナビリティ(持続的成長)や長期的価値(LTV)向上のため、以下のESG課題に関する戦略的なタックスサービスを提供しています。

図3 ESG課題に関する戦略的なタックスサービス

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。