サステナビリティ税務サービス

> 税務

EYでは企業のサステナビリティ(持続的成⻑)や⻑期的価値(LTV)向上のため、ESG課題に関する戦略的な税務サービスを提供しています。

2021年11⽉、イギリスにおいて、国連気候変動対策会議(COP26)が開催され、温室効果ガスの削減⽬標の達成や各国の協⼒関係が議論されました。経済協⼒開発機構(OECD)では、経済のデジタル化やBEPS2.0にて提⽰された次世代のグローバル課税において、税務マネジメントの⼤きな変⾰の時を迎えました。

その中でもESGは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を意味し、各国政府や、投資家、あるいは消費者が企業価値を考える際に、ますます重要になっています。企業の持続的成⻑(Sustainability Development)や⻑期的価値(Long-term Value、LTV)へ与える影響から、気候変動関連リスクに代表されるESG課題を、多くの企業が認識するようになり、さらなる関与と透明性が求められています。

サステナビリティ税務サービス 図1

EYができること

EYは、クライアントのサステナビリティ向上の行程において、移行の加速、サプライチェーンの脱炭素化、真にグリーンな事業運営につながる税務フレームワークとリスク管理手法の設計を行い、目標達成を支援します。その一環として、政策の動向とその影響の最新情報をお伝えし、インセンティブと資金の確保、および新たな税務報告・非財務報告の義務の遵守をサポートします。

また、EYのインサイトは、サステナビリティ戦略を俯瞰的に把握し、クライアント企業全体を支え、柔軟な組織を実現する支援となります。このインサイトを通じて、重要な局面で主要プレーヤーと連携し、サステナビリティ向上の過程でクライアントが直面する、税務・法務・ガバナンス・労務の課題に関する私たちの専門知識や市場経験を共有します。 

EYでは企業のサステナビリティ(持続的成⻑)や⻑期的価値(LTV)向上のため、以下のESG課題に関する戦略的なタックスサービスを提供しています。

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。