Market Abuseへの監視の目

> 金融犯罪の防止

EYはクライアントに向けて、市場での不正な取引⾏為を検出、監視、その報告をする、強固な市場監視の機能を実現するサポートを行っています。

EYができること

規制当局の監視レベルが高まるにつれて、不正取引パターンの検出機能もますます複雑になっており、コンプライアンスに伴うコストの上昇、コンプライアンス違反へのペナルティーの引き上げといった問題に企業は直面しています。企業は今、無駄がなく迅速なオペレーション・モデルの中で機能する、拡張性の高い監視フレームワークを実行しています。しかし、リスク重視の中で、そのフレームワークを実際に機能させ、ビジネス全体に行き渡らせるには困難が伴います。

EYには、効果的な監視機能の構築をサポートするための、Market Abuse(市場乱用行為)アドバイザーチームが世界中に在籍しています。これらのアドバイザーは、規制に関する知見や、テクノロジー分野での経験、そして製品に関する専門知識をあわせ持っています。EYのアプローチは⾰新的かつ迅速です。クライアントのコンプライアンス、ビジネス、ITのチームと密に連携し、監視フレームワークが業務と連動しているか、また、常に変化するビジネスニーズとともにフレームワークも進化しているかを確認しています。

EYのMarket Abuse監視チームは、規制当局、テクノロジープロバイダー、業界団体、市場参入企業と積極的に連携をとり、データ管理の監視基準、アラート検出、ディスラプティブなテクノロジーの採択における市場全体の同期化の機会をうかがっています。

これにより、以下のような業務をクライアントの組織全体にシームレスに実施することが可能となっています:

  1. 現行の取引監視エコシステムの状態をチェックし、実行可能な改善点を提案する
  2. 精度の高いリスク評価を⾏って、クライアントの業務や市場に特化した資材管理リスク領域の特定をサポートする
  3. データノイズや誤検出を減らすため、監視パラメータの調整をサポートする
  4. クライアントの監視アナリストへ関連する調査データを提供すべく、高機能な分析報告ツールを設計する

市場監視業務の管理について

EYチームが、テクノロジー、データ、業界に関する知見を駆使して提供する内容は以下の通りです:

  1. 監視ツールキット

    EYの監視ツールキットは、市場監視、テクノロジー、リスクデータに関するサービスの成功体験の集大成です。このツールキットは、修復モードと通常業務(BAU)モードの両方で使用できます。十分な試行を重ねたツールとアクセラレータのセットは、コンプライアンスにかかる時間を短縮し、不正取引行為を検出、監視、報告する最先端ツールをクライアントのBAUチームへ提供するように設計されています。

  2. リスク評価の基準

    新たな規制ガイダンスや、今後予測される規制の改定に応じて、多くの企業は過去の監視内容やMarket Abuse評価が、もはや期待される基準を満たしていないと分かっています。とりわけ企業は、クライアントのタイプ、製品およびサービスリスク、社員の利益相反、受注および取引の複雑さや量などに対する監視の精度を改善するために、Market Abuseのリスク評価を強化しています。これらの強化は、金融行為規制機構(FCA)のFinancial Crime Guide(金融犯罪ガイド)が改訂されたことを受け、一部で実施されました。そこでは、企業がMarket Abuseのフレームワークについて見直しを実施する際に、従来の金融犯罪リスク評価ファクターについての検討を求めており、特に以下のことが問われています:
    • 定期的にリスク評価をアップデートする
    • 新たなMarket Abuseのリスクを特定する
    • リスク評価で、どのビジネスを引き受けるか、どのような通知しているのか確認する
    • 他の金融犯罪(アンチ・マネーロンダリング<AML>、資金洗浄対策など)と同様に、リスク評価と現場での業務手順を調整する
    • クライアントタイプなどのリスク要因を検討する

ヘルスチェック

新たな規制ガイダンスや、今後予測される規制の改定に応じて、多くの企業は過去の監視内容やMarket Abuse評価が、もはや期待される基準を満たしていないと分かっています。そのため、企業はMarket Abuseに対する方針や手続き、より広範囲な監視運用モデルについて積極的に評価し、将来を見据え、新たな期待に応えていることを確認しようとしています。

こうした活動をサポートするため、EYは、再利用が可能で整合性のある、市場の監視のヘルスチェックを実施するアプローチを開発しました。その内容は、EYの経験を生かした効率的で実績のあるレビュープロセスであり、クライアントのニーズに合わせてカスタマイズできます。評価は、EYの監視フレームワークを軸にして行い、3つの重要な活動である、設計原則、コンプライアンス・チェックリスト、カバレッジ評価に焦点を当てています。

EYの次世代トレーダー監視分析、 Odyssey-integrated trader surveillanceについて詳細を表示    

お問い合わせ

EYの起こした変化に興味がある方はこちらへ

お問い合わせする