AI

人工知能(Artificial Intelligence、以下「AI」)の応用は「より良い」プロセス、「より速い」プロセスにとどまるものではありません。経営やビジネスの成長のための新たな手法を触発するものでもあります。

AIは単独のテクノロジーではなく、無数の状況に応用されたサブ領域を備えた一連の手法およびツールです。私たちはよく、「テクノロジーを導入する、ボットを構築する」と言いますが、AIは「応用する」と表現します。少なくとも現段階では、AIの価値は「AIを設置すること」によって生まれるものではありません。しかし、AIは企業システムにおいて成熟・浸透しつつあり、一般ユーザーでも利用可能なものになりつつあります。

AIの価値を理解するには、その組織の適用範囲と特有のリスクを把握する必要があります。そのうえで、インテリジェントな、ロボティクスを駆使した、自律的機能を統合・稼働・実装するために必要な価値と機能を定義します。クライアントのビジネスのやり方に影響を与える、この重要なトレンドに関するEYの最新の知見をご覧ください。

AIの応用範囲がさらに広がったとき、ビジネスをどう運営しますか?

詳しく見る

AIがもたらすリスクとチャンスを熟知しておくために必要なことは?

詳しく見る