物品税サービス

> 税務

貿易のグローバル化が進むにつれ、物品税の影響を受ける業界の企業は、物品税の支払いを適正に管理し、物品税の影響削減策を理解することが不可欠です。

EYができること

物品税とは、税務当局が特定の産品やサービスの消費に対して課す間接税の一種であり(消費者の健康や環境にとって有害と考えられるものやぜいたく品などが含まれる)、事業経営上避けられないコストと考えられています。アルコール、石油、たばこなどの産品が物品税の対象になることが多く、基本的にこれらの産品の消費抑制や税収増を目的に賦課されています。

しかし、物品税の対象となる産品は国によって異なり、時に、サプライチェーンのステージによって対象となることがあります。特に、モノやサービスが海外で取引されている場合、国内で課される物品税については見落とされていることがあります。物品税の影響を受ける業界の企業は、物品税の支払いを適正に管理し、物品税の影響削減策を理解することが不可欠です。

私たちは、物品税コンプライアンスにグローバルなアプローチを採用し、以下のサービスを提供します

  • クライアント企業の権利および義務についての税務分析(税制に関する政府との協議のサポートを含む)
  • グローバルな税務コンプライアンスのプロセス全体の管理、および一元的なアプローチを講じることによるリスクの軽減
  • 申告書の作成、税務当局への申告、文書保管の全ての側面の可視化
  • 税務に関する係争(可能な場合)
  • グローバルな財務システムデータを各国での物品税コンプライアンスに活用するための各国で統一された戦略の提供
  • 即効性があり、導入時の混乱を最小限に抑えられる、実績あるコンプライアンスプロセスやツールの活用
  • クライアント企業のグローバル体制やニーズの変化に柔軟で拡張性のあるアプローチの提供

間接税制の展開への対応

EYがお届けする世界各国の間接税に関する情報は最新のソートリーダーシップ・レポートでは、世界各国の間接税に関する情報だけでなく、なぜ税務当局にとって間接税が採用しやすい税とされているのかなどについてのインサイトも提供しています。@EY_Tax

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。