非財務情報開示に関するアドバイザリーと第三者保証業務

> アシュアランス

投資家、規制当局、そしてさらに幅広く言えば社会全体が、企業の真の長期的価値を評価するために、より透明性の高い非財務情報を求めるようになりました。各企業はこれに応え、報告の範囲を広げ、非財務情報を伝達する新しい方法を見つけることが求められています。

EYができること

非財務情報開示に関するアドバイザリー

私たちは、非財務情報の伝達に関してクライアントをサポートし、企業報告、非財務情報開示、統合報告の枠組みの立案に対応します。また、ステークホルダーの期待を明らかにできるよう支援するとともに、市場に実績への信頼と安心を与え、長期的な価値を創造するためのサポートもいたします。

私たちは、財務報告と会計の知識を持つプロフェッショナルと、コミュニケーション、エンジニアリング、科学、オペレーションの知識・経験を持つサステナビリティのプロフェッショナルを結集してチームを編成し、実践的なビジネスアプローチを提供します。私たちのアドバイザリー関連サービスには、以下の内容が含まれます。

  • 非財務情報開示、統合報告書等の年次報告、その他の企業報告の開発を支援します
  • コーポレートガバナンス・リスク開示の確立を支援します
  • 非財務データの収集と関連付けにより、管理報告、取締役会への報告および社外開示をサポートします
  • KPIの特定を含め、社内・社外の報告戦略を立案します
  • 総合的な報告枠組みの策定をサポートします

非財務報告書に関する第三者保証を提供します

多数のクライアントが、規制要件に基づき、紛争鉱物や温室効果ガス排出などの特定の非財務開示に関して第三者保証を必要としています。多くの企業は、競争優位性を確保するための方法として、検証された非財務情報を開示したいと考えています。

EYサステナビリティ・アシュアランスは、クライアントのステークホルダーに対し、透明性とアカウンタビリティーを提供します。また、経営者の皆さまとガバナンス担当者には、提供された情報の品質に対する保証を提供します。第三者保証報告書の発行により、その業界の基準または専門的な基準をふまえ、非財務情報に関する保証を提供することが可能です。

私たちの非財務情報の保証対象となる主題情報はさまざまな形で開示されますが、多くの場合は次の形での開示が中心です。

  • 環境・社会・経済・ガバナンスに関する開示を含む統合報告書
  • 環境、社会、経済およびガバナンス関連テーマの実績開示、関連データ、目標およびKPIを含む、サステナビリティまたは企業の社会的責任報告書
  • 社外もしくは社内の基準、または行動規範が定める原則の順守
  • 非財務の実績に関連する、特定のステークホルダーまたは取締役会への特定のコミュニケーション
  • 特定の製品またはサービスの社会および環境面での影響に関する主張
  • 組織の、またはライフサイクル製品の温室効果ガス排出インベントリを含む温室効果ガス排出量
  • 自発的基準および規制当局の基準(またはそのいずれか)に基づく炭素クレジットまたはカーボン・オフセットの発行
  • 合意済みの規準に照らしたグリーンボンドまたはソーシャル・インパクトボンド
  • 紛争鉱物に関するデューディリジェンス

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。

email