監査業務の変革

> 監査

イノベーションは、EYの監査を支える原動力であり、監査業務の改善、高度化、迅速化を後押しします。私たちは監査のあらゆる業務にイノベーションを取り入れています。 

EYができること

イノベーションは、EYの監査先企業とEY自身双方のビジネスやサービスを後押しします。テクノロジーがもたらす利便性を取り入れ、同時にもたらされる新たなリスクを理解し、ビジネス、規制当局および投資家の変化し続けるニーズを捉え対応すべく、EYは最先端のテクノロジーの把握に努めています。

より良い社会を構築し、資本市場により大きな信頼、より確かなビジネスの展望、より高い透明性の提供を着実にするため、私たちは監査業務を変革し、イノベーションに必要な投資をし続けます。

私たちが取り組む分野には例えば次のようなものがあります。

人工知能(AI)

質・量ともに入手可能なデータが飛躍的に増えたことで、EYの監査チームのデータ活用に新たな可能性が広がりました。

機械学習に代表される人工知能(AI)技術は、最新のパターン認識を用いたデータの利活用を可能にし、次のようにEYの監査プロフェッショナルをデジタルの面から支援します。

  • 契約書、請求書、画像などの非構造化データを分析し、必要なデータを抽出することで、より多くの監査証拠を入手します
  • 大容量データの分析により、不正による重要な虚偽表示のリスクのより適切な識別・評価・対応を支えます

これは、EYの監査先企業にとって、次のことを意味します。

  1. 信頼と信用を高める: AIツールは、ヒューマンエラーの回避に加え、より緻密で、客観的で、正確な首尾一貫した根拠を提供します。AIツールとともに監査手続を実施することで、その内容や結論に対する信頼や信用を高めることができます
  2. 品質を高める:より広範囲により多くのサンプルを分析することで、結果として品質が高まります
  3. 価値を高める:AIの活用は、より的確なリスクの識別・対応と監査時間の最適化を実現し、結果として監査先企業へのより良いサービスにつながります

私たちはAIなどの最先端技術をエンドツーエンドの監査プロセスに取り入れています。ビジネス文書の読込・解釈にAIを活用することもその一つです。これにより、監査チームが分析する文書の範囲を広げ、スピードと正確性を高めることができます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、さまざまな業種でビジネスのあり方そのものに変革を起こしうる技術の一つに挙げられ、財務会計領域にも多大な影響を与える可能性を秘めています。 

EYでは、ブロックチェーン導入の広がりをふまえ、新たな市場の需要に対応する取り組みに投資しています。その一例が、監査手続を支え、ブロックチェーン取引に高い透明性を提供するEY独自のEY Blockchain Analyzerの開発です。 

私たちはこれらの取り組みを通じ、ブロックチェーン導入に関わる新たな需要とクライアントのニーズへの対応に備えています。

オートメーション

自動化範囲の拡大はEY CanvasとEY Helix発展の重要な構成要素であり、監査業務の効率化に寄与しています。

ドローン技術

ドローンは遠隔操作で飛行する無人航空機であり、私たちの開発には次を含みます。

  • 棚卸立会の支援にドローンの利用を検討しています
  • ドローンを使った棚卸立会とモバイルアプリとの統合を検討しています

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。