スマートヘルスソリューション

> ヘルスケア

スマートヘルスはデジタル時代の病院や医療システムの姿を想像し、形にします。それは、センサーやスマートフォンで患者と臨床医、施設、医療データがつながった、対面診療とオンライン診療の融合です。

EYができること

スマートヘルスはデジタル時代の病院や医療システムの姿を想像し、形にします。それは、センサーやスマートフォンで患者と臨床医、施設、医療データがつながった、対面診療とオンライン診療の融合です。

ヘルスケア業界には数多くのエコシステム、進化の速いテクノロジー、膨大なデータが、雑然とした無秩序な状態で存在しています。EYは、医療提供者と患者のためのエクスペリエンスの質を高めるため、これらのツール、エコシステム、ストラクチャー、データをどのように利用すべきかを戦略的に見極めます。私たちは、デジタルは企業のあらゆる側面に織り込まれるべきと考えており、EYのクライアントと連携して、デジタル化「する」ことを止め、デジタル「である」ことに取り組み始めています。

私たちは医療システムを結び付けるためにEY Smart Health Collaborativeを立ち上げました。先進事例を共有し、課題について話し合い、スマートな医療機関に生まれ変わる過程で直面するであろうさまざまな事柄を伝えていきます。スマートヘルスの道へと踏み出すには、顕在化している課題、進化の速いテクノロジー環境、変革のためのマネジメントについて深く考える必要があります。EY Smart Health Collaborativeでは、その医療機関の現状に合わせて、法令、資金調達、サイバーセキュリティ、個人情報保護などの課題がスマートヘルス化の障壁にならないよう、切り抜けるサポートをします。

スマートヘルスエクスペリエンス

スマートヘルスは、人を中心にデザインされた診療から始まります。つまり、人のための診療です。EYは患者と医療従事者にとって何が最も重要かを考え、医療機関と連携して、医療や介護のエクスペリエンスをテクノロジーを活用した個別性の高いものとし、時代の先端をいく労働環境を実現します。
スマートヘルスの世界ではオートメーションとデジタル化によってシステム全体の連携方法が一新され、診療内容が改善します。私たちは経験に基づき、病院や医療システムと連携してフロント、ミドル、バックオフィス業務をデジタル化し、患者と臨床医によるきめ細かい診療をサポートします。

EYスマートヘルスエクスペリエンスでは次のようなソリューションを提供します。

  • ペルソナの定義
  • 患者、医療提供者、医療従事者、ブローカーが経験するプロセスの具体化とサービスの立案
  • エコシステムの定義
  • 患者の行動に関する知見
  • 患者を主体とした戦略、能力、ロードマップの作成
  • ビジネスケースの定義
  • デジタル担当者や医療提供者の新人研修
  • ワイヤフレームとプロトタイプの定義
  • 製品開発、導入、規模拡大
  • オペレーティングモデルの定義
  • エクスペリエンスに基づく企業のデジタルトランスフォーメーション

EYスマートホスピタル&ヘルストランスフォーメーション

スマートヘルスでは人、モノ、システムをつなぎ、コネクテッドなオンライン診療環境を形成します。これにより、入院患者だけでなく、地域社会や自宅にいる患者を中心とした、効果的かつ先見的でより良い診療を提供します。EYスマートホスピタルではエコシステムを幅広く活用してオンライン診療プラットフォームを作り出し、相互運用性のあるカルテシステム、デジタルイネーブラー(モノのインターネット(IoT)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)など)、リモートモニタリングソリューションを通してデータを統合します。EYのサービスは、オンライン診療の導入から、既存の施設やサービスの最適化のサポート、さらにはスマートホスピタルへの完全な移行に至るまで、新施設の建築設計や情報システムのデザインを含め、医療システム全体に及びます。トランスフォーメーションはデジタル資産やアナリティクスをベースとして、高いパフォーマンスを発揮し先行事例を最大限活用することにより、効率化の実現と独自性の高いエクスペリエンスの推進が可能となります。

EYスマートホスピタルでは次のようなソリューションを提供します。

  • オンライン診療の基本計画
  • スマートホスピタルへの移行
  • 需給やROIのマクロモデリング、業務パフォーマンス、患者に関する知見などのスマートヘルスアナリティクス
  • インテリジェントオートメーション
  • エコシステムとプラットフォームの調和

EYは、従来の病院や医療システムからスマートヘルスへの移行を支援し、価値を重視し、柔軟に対応することでサポートします。病院、医療システム、保険者の指針となる問い掛けは以下の通りです。

  • 数年の間に、どのようなテクノロジーに投資するか。また、どのようなスマートホスピタルの形が適しているか
  • きめ細かい診療過程のあらゆるポイントにおいて、どのように患者と医療従事者のエクスペリエンスを中心に据えるか
  • スマート化の推進をサポートしてくれる適切なテクノロジーパートナーは誰か
  • スマートホスピタルへの移行がもたらす戦略的意義は何か
  • 負担を軽減し、やる気やモチベーションを維持するため、どのようにテクノロジーを活用するか
  • 新たなテクノロジーを受け入れ、働き方を変えていくため、どのように働き掛けていくか
  • 市場で自社ブランドを真に差別化し、患者が必要とするエクスペリエンスを提供するには何が必要か
  • スムーズで患者中心にデザインされたエコシステムを創出し、患者がより健康な生活を送れるようにするにはどうすればいいか

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。