COP27

COP27(国連気候変動枠組条約第27回締約国会議)は、企業と政府が協力して排出量の削減に取り組み、誰もが気候変動対策資金を利用できる体制を整え、適応に向けた取り組みを拡大させる好機です。

最新のツイート 

#ReframeTheFuture

#COP27

 

twitter

COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)で機運が高まり、グラスゴー気候合意が採択された後に開催されるCOP27は、条約の実施を推進する好機です。英国グラスゴーで交わされた約束を果たすため、世界各国・地域における何千もの政府代表団のほか、主要なNGO、市民団体、民間セクターが一堂に会します。​その目的は明白であり、全体が協力して排出量の削減に取り組み、誰もが気候変動対策資金を利用できる体制を整え、適応に向けた取り組みを拡大させる必要があります。

どの組織も、あるいはどの業界も、単独でこの問題を解決することはできません。官民連携が鍵を握ります。私たちEYは、気候変動への対応において、誰もが果たすべき役割を担うと考えています。

では、政府が手を差し伸べる中、企業はどのように参画すればよいのでしょうか。どうすれば気候変動を遅らせるために、より迅速に⾏動できるのでしょうか。​企業が力を合わせれば、誰もが必要とする低炭素社会への移行を加速させるケイパビリティや志を持つことができます。一致団結することで、持続可能性を高め、同時に、企業、社会、そして地球のために価値を守り、創造することができるのです。​

EYは、これをValue-Led Sustainability(価値創造型のサステナビリティ)と呼んでいます。​これまでに培ってきたグローバルな知見、ケイパビリティ、招集⼒によって、企業や政府を含むすべてのステークホルダーと共に、より持続可能な、より良い社会を構築していきます。

COP27を間近に控え、グラスゴーで交わされた約束に従って組織がどのように行動すればよいかについてのEYのインサイトをご覧ください。

Sustainability Insights メールマガジン

環境・自然保護のみならず社会への配慮も求められる、さまざまな角度から得たサステナビリティに関するEYのインサイトをまとめています。

登録する

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください