サステナビリティ/サプライチェーン・アドバイザリー

> アシュアランス

サステナビリティとは、社会的・環境的・経済的要因に起因する機会の活用とリスクの管理を通じ、長期的なステークホルダー価値を創出することを意味します。

人権問題、労働安全衛生、資源の制約、気候変動、脆弱なガバナンスなど、サプライチェーン上のリスクの把握を支援します。

EYができること

企業がサステナビリティの問題に対応するためには、それらの問題に影響を与える外的要因を理解する必要があります。そうした要因に対応することによって、ビジネスの成果を改善し、ステークホルダー価値を高めることが可能になります。それは、企業がレジリエンスを構築し、活動し成長するためのソーシャルライセンス(社会的承認)の強化につながるでしょう。

私たちの実践的なビジネスアプローチは、クライアントが、投資家、規制当局、社会などの重要なステークホルダーと関わりを持ち、ビジネスに最も深く関係するサステナビリティの問題を理解する上で役立ちます。具体的には下記のとおりです。

  • サステナビリティとサプライチェーン戦略の価値が高まります
  • 活動し成長するための社会的承認を維持するために、リスクを管理し、レピュテーションを築くことができます
  • コストが削減されます
  • 意思決定が改善されます。また、業務効率や業績上の効率が高まり、長期的な価値創出が可能になります

私たちは、実務、エンジニアリング、科学、オペレーションといった分野の実務経験を持つプロフェッショナルの力を結集し、次のようなサービスを提供しています。

  • 戦略の立案・設計・実施
  • ステークホルダー・エンゲージメント、優先順位付け、分析
  • マテリアリティアセスメント
  • バリューチェーンにおけるサステナビリティリスクに関する助言
  • サプライチェーンのサステナビリティ・マネジメント
  • サーキュラーエコノミー・マッピングおよびアドバイザリー
  • 企業倫理・行動規範の有効性・導入評価
  • 研修、人材開発およびキャパシティービルディング
  • ポリシーの立案・調査
  • ポートフォリオ・サステナビリティ・リスクアセスメント

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。