サイバーセキュリティ検知

> アドバイザリー

サイバー脅威マネジメント(CTM:Cyber Threat Management)の目的は、セキュリティ対策の評価、改善、構築、運用にあります。共通のビジョンの下、貴社とともにEYのフレームワークの構成要素を成熟させ、統合させることから始め、適切で実用的な可視性、コンテクスト、インサイトを提供します。

EYができること

サイバー脅威マネジメント(CTM:Cyber Threat Management)サービスは、クライアントが複雑化する(すなわち、攻撃者がその目的を達成することを難しくする)ことを助け、自らの事業に関連して実在する攻撃を検知しそれに対処し、全体的なサイバーセキュリティ態勢を強化するのに役立ちます。これらのサービスは、従来型のアドバイザリー・アプローチまたはサイバー・アズ・ア・サービスを通じたマネージドサービスの提供によって提供することができます。

有効なCTMサービスによって、適切な脅威の情報を適切な時期に適切なステークホルダーやシステムに提供できます。また、ネットワークとシステムで生じている悪意ある行為を識別し、それを制御、削除、修正することも可能です。

成熟したCTMサービスによってサイバー侵害に対処するための全般的な準備態勢を強化することで組織は不可避の攻撃に備えることができ、また、脆弱性を発見、検証、利用することによってネットワーク、アプリケーション、関連インフラのセキュリティを評価します。そのためには、脆弱性の状況を追跡、検証し、その改善に関連する指標を収集し報告する必要があります。

これらの実務をソフトウエア開発のライフサイクルに統合し、トータルの開発リスクを削減し、開発プロセスの早い段階で脆弱性を判断することでプラスのリターンを生み出します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。