プライバシー

> アドバイザリー

EUの一般データ保護規則法(GDPR)による法的要求の変更と顧客の期待の増大とが相まって、企業の課題は増加の一途をたどっています。

EYができること

大半の企業はプライバシーに関し、コンプライアンスを順守しているかどうかという視点で判断します。昨今の規制要求の高まりを鑑みると、そういった視点はもちろん重要ですが、それだけでは貴社のプライバシーを向上させる機会を見失ってしまうかもしれません。

顧客の意識とデジタル的な相互接続性が増大しているこの変容の時代にあって、貴社がクライアントの信頼を獲得し維持するには、透明性が不可欠です。

私たちの一連のサービスを通じ、ID窃盗、ブランドと評判の被害、訴訟、規制対応、グローバルコンプライアンス、直接的な財務損失、市場価値の損失、消費者とビジネスパートナーからの信頼の喪失といったプライバシーの課題に対応します。

私たちは、プライバシーに関する一連のサービス提供にあたり、法律とアドバイザリーでの経験を組み合わせ、強力なツールとメソドロジーに裏付けられた複数領域のアプローチを活用します。

サービスの事例:

  • プライバシーの評価とトランスフォーメーション
  • 一般データ保護規則(GDPR)コンプライアンス

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。