移転価格コンプライアンスと文書化

> 税務

税務当局は移転価格問題についてより幅広く集中的な精査を行おうとしています。文書化から貴社のポリシーに適合した取り組みの支援まで、EYの経験豊かなプロフェッショナルチームが、あらゆる運用地域で貴社が税務当局の要件を解釈できるように支援します。

EYができること

さまざまな国の規則、法規を順守するため、会社間取引価格を適切に決定し文書化することは、税務リスク管理にとって極めて重要です。

会社間取引の文書化は、貴社の移転価格に異議が申し立てられた際の防御の最前線となります。

文書化する際に、グローバルに中央集権化したアプローチ、分散させたアプローチのいずれをとるにせよ、業務を展開する国、とりわけ高いリスクがある地域では、当該地域の要求事項を満たすために厳しい移転価格精査が行われる、という点を理解する必要があります。リスクに基づくアプローチを通じ、貴社のビジネスや税務の戦略をリスク対策と一致させることが可能です。

移転価格の文書化

EYは包括的な移転価格文書化ツール「TP Web™」を開発しました。これにより、クライアントの社内プロセス合理化や報告パッケージの生成と、BEPS Action 13で要求される移転価格に関する文書化を支援します。

国別(CbC)報告

EYはまた、BEPS Action 13の要件であるCbC報告データの作成支援を行う 国別の報告ツール「CbCR Web™」を開発しました。

移転価格の実行-会社間での効率的な運用

移転価格ポリシーの効率的な運用は、多くの多国籍企業にとって難問です。EYは移転価格をより効率的に実行し、税、ビジネスユニット、運用にわたる統合されたシステムやプロセスを構築する構造化されたスケーラブルなフレームワークを開発しました。

EYはフレキシブルなアプローチにより、クライアントが会社間取引を実行、モニタリング、報告するための持続可能な方法を策定する支援を行います。

グローバルサポート

世界中で活動するEYの移転価格のプロフェッショナルチームが、深く広範囲な見識で、貴社が進出国や進出予定国における税務当局の要件を解釈できるよう支援します。世界中に広がりながらも一体感を持ったグローバルネットワークの一員として、私たちは世界中のオフィスとシームレスに連携し、貴社のグローバルニーズとローカルニーズに迅速に対応いたします。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。