• Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter

1.5℃脱炭素社会へのロードマップ~未来図をどう描くか~

本セミナーでは、気候変動対策の分野における近年のグローバルな動きを俯瞰するとともに、脱炭素社会の実現に向けて取り組む上で知っておきたいさまざまなトピックをご紹介いたします。また、パネルディスカッションを通じて立場や世代を超えた気候危機に対する共通の理解、リーダーシップのあり方について多様な側面から議論します。

COP26気候変動会議において、1.5℃目標に向かって世界が努力することが正式に合意されました。この目標を達成するためアクションをどれだけ加速化できるかが私たちにとって重要になっています。

多くの企業が気候変動のシナリオを分析し、脱炭素を実現するという野心的な発表を行っています。しかし、これらの目標をどのように達成するかについての詳細な計画まで提示できている企業は少なく、投資家は企業に対してシナリオ分析から得られた知見を自社の財務、リスク、戦略に反映させることを求めるようになっています。また、企業の持続的な発展のためには、こうした取り組みを市民社会や若い世代に理解してもらうための取り組みも必要です。

本セミナーでは、気候変動の分野における近年のグローバルな動きを俯瞰するとともに、政策・金融・エネルギーの分野で今起きている事象を整理し、脱炭素社会の実現に向けて取り組む上で知っておきたいさまざまなトピックをご紹介いたします。また、この分野で長年活躍しているジャーナリストより、メディアにおける取り組みに関する話題もご提供し、立場や世代を超えた気候危機に対する共通の理解、そしてそれぞれの立場で大きな流れを生み出すリーダーシップのあり方についても多様な側面から議論してまいります。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

プログラム:

18:00~18:05 開会のごあいさつ
EY Japan CCaSSリーダー/プリンシパル 牛島 慶一

18:05~18:15 気候危機に向けた企業の対策
EY Japan CCaSS エグゼクティブディレクター 山口 岳志

18:15~18:25 気候危機に対するメディアの役割
(株)NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー 堅達 京子 氏

18:30~19:20 パネル討議 気候危機を止めるアクション
司会:
(株)フジテレビジョンCSR・SDGs推進室 部長 兼 報道局解説委員室 木幡 美子 氏

参加:
(株)NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー 堅達 京子 氏
Fridays for Future Kyoto 元呼びかけ人 塚本 悠平 氏
EY Japan CCaSS エグゼクティブディレクター 山口 岳志
EY Japan CCaSS シニアコンサルタント ゴウ シウエイ                                 

19:25~19:30 閉会のごあいさつ 牛島 慶一

ご登壇者:

堅達 京子(Kyoko Gendatsu) 氏
(株)NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー

1988年NHK入局。2006年よりプロデューサー。NHK環境キャンペーンの責任者を務め、気候変動やSDGsをテーマに多くのドキュメンタリーを制作。日本環境ジャーナリストの会副会長。中央環境審議会臨時委員。文科省環境エネルギー科学技術委員会専門委員。福井県立大学客員教授。

木幡 美子(Yoshiko Kobata) 氏
(株)フジテレビジョンCSR・SDGs推進室 部長 兼 報道局解説委員室

1989年フジテレビにアナウンサーとして入社、2011年よりCSRの部署へ。2018年にSDGsをテーマにしたレギュラー番組『フューチャーランナーズ』を発案、現在も放送中。2018年国連本部での世界テレビデーのイベントに登壇。政府の審議会委員も多数務めている。

塚本 悠平(Yuhei Tsukamoto) 氏

Fridays for Future Kyoto(未来のための金曜日:科学のもとに団結をキャッチフレーズに政策立案者に気候変動対策を求める若い世代の運動)元呼びかけ人。京都大学大学院地球環境学舎修了。
国際環境NGO勤務。

EYの登壇者:

牛島 慶一(Keiichi Ushijima)
EY Japan
CCaSSリーダー/プリンシパル

EY Japanにおける気候変動・サステナビリティ サービス(CCaSS)のリーダーとして業務に従事する傍ら、環境省中央環境審議会委員、東北大学大学院非常勤講師なども務める。グローバルなスタンダード形成に関与しながら日本企業の持続可能なビジネスモデルの構築に尽力。

山口 岳志(Takeshi Yamaguchi)
EY Japan
CCaSS エグゼクティブディレクター

EY Japanにて気候変動・脱炭素サービスの分野をリード。以前は欧州系環境コンサルティング会社にて気候変動対策支援、発展途上国支援などを担当。国内コンサルティング会社にて気候変動関連サービス立ち上げを経て現職。

ゴウ シウエイ(Gou Shiwei)
EY Japan
CCaSS シニアコンサルタント

生物科学、景観生態学のバックグラウンドを持ち、事業会社において財務・管理会計、海外事業に関連する業務を経験してきたが、ESG・サステナビリティ分野へ注力するためEYに入社。

ウェブセミナー視聴お申し込み

※ご出席を希望される方は上記の「登録」からお申し込みフォームにてご記載願います。
※フリーのメールアドレスでのご登録はできません。
※コンサルティングファームなどの同業他社、同業者のお申し込みはご遠慮願います。
※プログラム・講師は変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
ウェブセミナー視聴のトラブルシューティングはこちらからご確認ください。

お問い合わせ

EY 新日本有限責任監査法人 CCaSS事業部

E-mail

プレゼンター

EY 新日本有限責任監査法人
グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人

ウェブキャスト

オンデマンド視聴期限:2022年11月18日 17:30

時間 現地時間

企業の気候変動対応と気候関連情報開示

企業はなぜ、気候変動に備えなければならないのでしょうか。 

詳細ページへ

持続可能な開発目標

国連の持続可能な開発目標を達成する上で、企業は非常に大きな役割を果たします。 

詳細ページへ

企業会計ナビ

EY Japan ウェブキャスト


EYのプロフェッショナルがさまざまな情報を配信します。

一覧ページへ