EYのサービス

皆さまの最も困難な課題の解決をサポートします

詳しく見る(英語版のみ)

 

    EYのサービス

    EYでは、スタートアップ企業からFortune 500企業まで、多くのクライアントが最も困難な課題を解決し、高い志を実現するためのサポートを行っており、その協働の形は多岐にわたります。

    クライアントがトランスフォーメーションをチャンスとして生かせるように、EYは4つのサービスライン(アシュアランス、コンサルティング、税務、ストラテジー・アンド・トランザクション)を通してサポートします。また、規制当局の求める要件を満たし、投資家に対して継続的に情報提供を行い、全てのステークホルダーのニーズに応えられるよう支援します。そして、目まぐるしく変化する世界において、クライアントが望む結果を達成し、今後、長期的価値を生み出すことができるように、必要なサポートを提供します。

    EYのプロフェッショナルは、EYで共有されている創造力、経験、判断力、多様な観点を、全ての事業領域において、またあらゆる角度から活用して、クライアントの現在、次、そしてその先の未来を再構築します

    EYのサービスについて、詳しくは以下のコンテンツをご覧ください。

    EYのアライアンス

    テクノロジーとビジネスイノベーションの融合が、ビジネス運営、他社との競争、製品とサービスの提供の方法を根底から変えています。

    EYはテクノロジー領域や各セクターを代表するリーダー企業、および専門的なケイパビリティを持つ多くの企業との戦略的なアライアンス関係を確立しています。私たちはこうしたアライアンス関係を通して、パワフルなテクノロジー、際立ったケイパビリティ、セクターのナレッジを融合させて、クライアントの皆さまが最も困難な課題に立ち向かうのをサポートしています。

    私たちは、人工知能(AI)、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、サイバーセキュリティといった最先端のリーディングテクノロジーを活用した、これまでにない画期的なサービスを生み出すために、アライアンス企業と協働しています。私たちのサービスは 、例えばクライアントの皆さまが自らの洞察を事業のブレークスルーに転換するサポート、サプライチェーン戦略の加速、財務と会計プロセスの最新化といった、広範囲にわたるニーズに対応しています。

    私たちが協働する相手

    EYはすべての業界にわたって、スタートアップ企業からグローバル大企業まで、世界150カ国の20万以上のクライアントと協働して、皆さまが最も差し迫った課題に対応するのをサポートしています。

    Fortune Global 500企業の84%、Forbes Global 2000企業の72%がEYのクライアントです。ミドルマーケットの各企業にもサービスを提供しており、その成長をサポートし、マーケットリーダーとなる目標達成の支援を行っています。EYはまた、アントレプレナーの功績をたたえるとともにその支援を世界的に主導しており、EY World Entrepreneur of the Year™ などの独自のサービスやプログラムを通して、彼らの製品やアイデアをマーケットに届けるための活動を行っています。さらに、EYは世界各国の政府や公共機関にも助言を行っています。政府や公共機関がレジリエンスを高め、経済や地域社会を強化し、国民の生活を向上させるサポートに力を入れています。

    業界の再編成

    業界の壁の消滅は、ビジネスに新しい価値とチャンスを生み出しています。EYはこうした新しいチャンスを、クライアントの皆さまが見つけ出して活用することをサポートします。

    モビリティ、ヘルスケア、未来都市に至るまで、テクノロジーや社会の変化に適応するためにセクターの融合が進む中、従来のセクター間の垣根はディスラプション(創造的破壊)にさらされています。

    この目まぐるしく変化する環境で成功するためには、機敏性と従来にない発想が必要です。 また、働き方、ライフスタイル、余暇の過ごし方も見直されています。こうした中でEYは、クライアントの皆さまが業界のディスラプションをチャンスと捉えられるようにサポートしています。

    消費財・小売

    Future Consumer Index:新型コロナウイルス感染症が消費者行動をどのように変えるのか

    5つの主要市場で調査した行動と感情に関するデータによれば、新型コロナウイルス感染症パンデミックによって、新しい消費者セグメントが生まれています。詳しい内容を知る

    2020年4月16日 Kristina Rogers

    より良い社会の構築を目指して(building a better working world)、私たちが行っていること

    EYのアプローチ

    EYの理念は「より良い社会の構築を目指して(Building a better working world)」。私たちはまず、より優れた問題提起、すなわち「better question」を問うことから始めています。「better question」は、現代の最も喫緊の課題のいくつかについて、疑問を投げかけ、思考を促し、新たな解決策を導くための方法です。

    私たちは、監査業務、税務申告業務、アドバイザリー業務、クライアントや同僚とのやり取りの一つ一つが、より良い社会の構築に貢献していると考えています。 EYの理念の実現は、より良い問題提起から始まります。なぜならそれが、より良い解決への扉を開くからです。より良い解決策は、クライアントの皆さまの業務の効率化、リスクマネジメント、企業成長と信頼向上に役立つものとなり、ひいては、それがより良い社会に向けた一歩となります。

    お問い合わせ

    より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。