アウトカムベースの支払いモデル

> ライフサイエンス

増大するコスト圧力により、ライフサイエンス企業との交渉を踏まえて決定される新規医薬品、既存医薬品の価格が一律に引き下げられています。

関連トピック ライフサイエンス

EYができること

世界の医療システムは、急速に崩壊への道をたどっており、限られたリソースの中で、各当事者の要求を何とかバランスさせようとしています。従来、医療費は、価値やアウトカムではなく、量によって支払われています。

アウトカムベース契約(OBC)は、異なるアプローチでこうした課題を解決しようとするものであり、価値と支払いを連動させることで、持続の可能性があり実現性の高い唯一のものです。医療システムの効率性と効果を実現するインセンティブが組み込まれた方式であるといえます。

アウトカムベース契約を活用した新たな支払い方式への移行もEYがお手伝いできるエリアです。

2段階アプローチで支援します:

  • 第1段階 戦略を評価し、何がアウトカムで、何がサービス戦略であるのかの定義づけをサポートします。
  • 第2段階 異なるサービスラインや協力者の知見を結集し、アウトカムベースの支払いの円滑化と医薬品の価値の明示化を実現する契約作成プロセスをサポートします。

導入に向けて

アウトカムベース契約を導入した企業は数多くありますが、そのすべての可能性を評価し、十分活用できたケースはほとんどなく、大きなチャンスが残されています。導入に際し、いくつかの重要な「明確にしておくべきこと」があります。

  • マネジメントの強力なコミットメント:アウトカムベース契約は、ビジネスの戦略的必須事項に位置づけられ、また、長期での成功に影響を与えます。この新しい世界で成功するには、新しい能力への投資に加え、短期の戦略とのバランスを図りながらオペレーションを根本的に変革するためのビジョンや信念が必要となります。
  • リスクに対する意識改革:OBCはその内容からしてリスクを包含しています。しかし、リスクを回避するような契約にしないことが肝要です。リスクを取らなければ、信用を失いかねず、本来の目的が達成できないかもしれません。リスクと報酬が適切に組み合わされているスキームが望ましいのです。
  • 重要なサービス:アウトカムの最大化にはサービスが欠かせません。OBCの導入は、アウトカムに焦点をあてたより広範なサービス戦略を考えなおす機会となります。
  • 顧客を中心に据えた協力:このモデルの成功に、同様にコミットしている顧客と協調することが必要です。顧客のニーズの推測や、製品中心の思考は可能な限り避けるべきです。
  • 業界での解決となること:医療機関が簡単に導入できることが最も大切な要素です。標準化され、他の企業と容易につながることが必要です。インフラはオープンで標準的なものであれば簡素化が可能です。
  • 新たな機能への投資:ライフサイエンス企業は、機会を逃さないよう、なるべく早く新たな機能への投資をするべきです。
  • 試行と学習:契約を全面的に適用するまでには、何度も試行と学習を繰り返すべきでしょう・

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。