ニュースリリース

2020年4月1日

EY税理士法人、中部圏におけるサービスの拡大・強化

中央パートナーズ税理士法人が合流

プレス窓口

EY Japan

複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファーム

EY 税理士法人

複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファーム

Ernst & Young Tax Co.

EY税理士法人(本社:東京都千代田区、統括代表社員 蝦名和博)(以下、EY)は、2020年7月1日付で、中部圏を基盤とする中央パートナーズ税理士法人 理事長 𠮷川浩司氏をはじめ、全従業員が弊法人名古屋事務所へ合流することをお知らせします。

中央パートナーズ税理士法人は、長年にわたり、中部圏における大手企業を中心に質の高いさまざまな税務サービスを提供している税理士法人です。このたび、EYに迎えることにより弊法人の中部圏における税務サービスの拡大、体制強化が可能になり、より一層クライアントのビジネスをサポートできる体制を構築します。

EY税理士法人 統括代表社員の蝦名和博のコメント:

「今後益々の発展が見込まれる中部圏においては、税務サービスの需要がこれまで以上に高まってくるものと予想されます。中央パートナーズ税理士法人の経験豊富な税務専門家がEYに合流することで、中部圏のサービスをさらに強化し、クライアントのビジネス成長を支援していきます」

中央パートナーズ税理士法人理事長の𠮷川浩司氏のコメント:

「旧監査法人伊東会計事務所 税務部門を皮切りに35年間にわたり、中部圏を中心に税務・会計のサービスラインに携わってまいりました。7月からEY名古屋事務所の一員となり、クライアントのビジネス成長に貢献できるよう尽力していく所存です。2027年リニア中央新幹線開業により、ヒト・モノ・カネの移動のあり方が加速的に変化します。その変化の前に何をすべきかを想像しますと、期待に胸を膨らませざるをえません。従来のクライアントを大事にしつつ、名古屋が単に東京大阪間の通過地点とならないよう今後ともあらゆる面で精進いたします」

EYは、今後も多様化するクライアントの皆様に質の高いタイムリーなサービスを提供できるよう努めていきます。

EYについて

EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。

EY税理士法人について

EY税理士法人は、EYメンバーファームです。税務コンプライアンス、クロスボーダー取引、M&A、組織再編や移転価格などにおける豊富な実績を持つ税務の専門家集団です。 グローバルネットワークを駆使して、各国税務機関や規則改正の最新動向を把握し、変化する企業のビジネスニーズに合わせて税務の最適化と税務リスクの低減を支援することで、より良い社会の構築に貢献します。詳しくは、www.eytax.jp をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

EY Japan BMC  (Brand, Marketing and Communications) 

報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)