日本の食品業界に次世代フードトレーサビリティを適用する

> テクノロジー

少子高齢化による人口減少の影響を受けている食品業界に向けて、EYが考案する消費者主導型トレーサビリティシステムをご紹介します。

日本の人口動態と食品業界を取り巻く状況

食品業界は、日本の人口動態のトレンドに大きく影響を受け、「健康志向」「簡便化」「胃袋の縮小」が主要なトレンドとなっています。

出典*1:令和元年版高齢社会白書 *2:日本政策金融公庫 食の志向調査 令和2年1月調査 *3:男女共同参画白書 令和元年版 *4 :国立社会保障・人口問題研究所 『日本の世帯数の将来推計(全国推計)』(2018(平成30)年推計) 5*:国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口(平成29年推計)

日本の食品メーカーの成長戦略

日本市場のボリュームには限界が見えているため、食品メーカーは成長戦略として、「日本ブランドによる海外市場の創出」「海外市場の強化」「付加価値商品の投入」に注力しています。

日本ブランドによる海外市場を狙う食品メーカーに求められるトレーサビリティ

これまでの食のトレーサビリティは、メーカーが中心となって製造から出荷までの履歴情報を把握する取り組みとして実施されてきました。海外市場で日本ブランドによる差別化を図るためには、海外の消費者へダイレクトに日本ブランドを保証し、顧客体験を向上させる取り組みが重要となります。

EYが考える消費者主導型トレーサビリティシステム

これからのトレーサビリティを実現するためには、「サプライチェーンのエンド・トゥ・エンドでの情報共有基盤」と「サプライチェーンを実行する基幹システム」が一体となった次世代のトレーサビリティシステムが必要です。

EYが提供するサービス

アセスメントからPOC、ビジネスの実現化に至るまで、消費者主導型トレーサビリティシステムの立ち上げをシームレスに支援します。EYのテクノロジー資産を活用したクイックな立ち上げが可能です。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。