間接税および国際貿易(グローバル・トレード)

関税や消費税、VAT、GST、物品税などが含まれる間接税の管理は、経営に係る重要課題として近年ますます重要視されています。

関連トピック 税務 税務係争 国際貿易

        EYができること

        税務当局による指摘や追徴、通関の延滞を生じさせないためには、自社のオペレーションに係る間接税の法令を正しく理解し遵守することが重要です。一方、納税者である企業と税務当局が常に同じ法の解釈をしているとは限りません。複雑な現地の法律や変化を続けるビジネスモデル、さらには各国のコンプライアンス義務の違いなどにより、税務当局と法の解釈が異なるリスクが増加しています。

        EYは、税務上の義務を戦略的に果たし、税務係争を解決するためにはどのようなステップを踏むべきか、サポートします。関税や国際貿易に係る問題、政策が及ぼす影響、⾃由貿易の重要性について、税関や政府関係者、ビジネスパートナー、その他のステークホルダーとオープンな対話を進めていきます。

        EYトレードアナリティクス

          TradeWatchの最新号(2020年Issue 2)が公開

          TradeWatch(日本語版PDF)2020年Issue 2では、世界各国の関税・国際貿易に係る主な法令や税関当局の動向を紹介します。インサイト、テクノロジー、税務アラート・ニュースレターのセクションによって構成されており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するニュースとインサイトについても掲載しています。 関税・国際貿易トラッカーでは、新型コロナウイルス感染症に対する各国の国際貿易に関する対策の最新情報を確認できます。また、EYのリソースやインタラクティブなグラフィックや地図がリンクされており、共有しやすい形式になっています。

          国際貿易(グローバル・トレード)に係る最新情報を掲載

          最新号(Issue 2)では、世界各国の国際貿易に関わる主な動向のほか、新型コロナウイルス感染症が国際貿易に与える影響やコロナ禍の国際貿易環境の中でデータに基づいた経営判断をサポートするデータ分析について紹介します。

          TradeWatch(日本語版PDF)の地域別のインサイト

          グローバル

          • HS 2022:改定に向けた準備

          米州

          • 米国・メキシコ・カナダによるUSMCA発効に向けた準備― 物品貿易への影響

          アジア太平洋

          • 日本: 輸入事後調査に関する年次報告書
          • 日本:日米貿易協定が発効
          • タイ:歳入局の移転価格開示フォーム導入による関税評価への影響

          テクノロジー

          • 国際貿易の混乱とCOVID-19における課題に対処するため、テクノロジーはどのような役割を担うでしょうか

          COVID-19:アジア太平洋

          • COVID-19がアジア太平洋地域の貿易政策に及ぼす影響

          英語版PDFは、こちらをご確認ください。
           


          Why TradeWatch?

          今⽇の世界経済では、貿易は複雑でコスト⾼になることがあります。TradeWatch(日本語版PDF)は、関税や国際貿易の動向に関する情報をタイムリーに提供し、企業が関税コストや国際貿易上のリスクの管理、輸出入コンプライアンスの改善、グローバルサプライチェーンの効率化に関する戦略を策定するサポートを⾏います。

           

          主なサービス

          • グローバル貿易データ分析

            サプライチェーンの「可視化」に不可欠な輸出入データ

            効率的なサプライチェーンを確立し、収益効果の高い国際貿易を行うことは、競争力のある企業運営を行う上では不可欠な要素です。そのためには、企業の貿易状況の全体像をタイムリーかつ正確に把握、整理し、実用的な経営情報としての形にすることが重要となります。しかしながら、サプライチェーンの多様化やグローバル化が進む現状では、輸出入を行っているすべての拠点の貿易状況を正確に把握することは困難な状況にあります。グローバル輸出入データ分析では、各国の主要な輸出入データを収集し、企業の「もの」の動きを多面的に可視化することにより、現行の関税支払状況の把握のみならず、輸出入コンプライアンス状況の確認、さらにはより効率的なサプライチェーン構築のためのソリューションの提供が可能となります。

            PDFをダウンロードする

          • 企業のグローバル調達戦略を支えるFTAデータベース・クエリー

            EYのFTAデータベース・クエリーとは?

            貴社の調達部材や貴社完成品に関し、SKU/モデルごとに3~5年先の関税引下げスケジュール・原産地規則・輸出国ごとの製品価格・輸送費といった要素を検証した、最も陸揚価格の低い輸出国の提案を行います。具体的には、弊社指定のメール添付フォーマットに下記情報を記載・送信いただき、その内容をEYのデータベースで即座に検証し、レポートの形で陸揚価格のシミュレーション結果をお伝えします。

            PDFをダウンロードする

          税務アラート・ニュースレター

          EY税理士法人やEYが発行したニュースレター・アラート等を紹介します。

          詳しく知る

          Global Trade Disruptors

          国際貿易は、追加関税、報復関税、制裁措置、世界中での貿易協定の再交渉などにより混乱がもたらされています。

          詳細を表示

          専⾨家から学ぶ

          EY Global TradeのMartijn Schippersが解説する、インコタームズ®改訂による税務処理への影響

          ポッドキャストを聴く

          間接税制の展開への対応

          EYがお届けする世界各国の間接税に関する情報は最新のソートリーダーシップ・レポートでは、世界各国の間接税に関する情報だけでなく、なぜ税務当局にとって間接税が採用しやすい税とされているのかなどについてのインサイトも提供しています。@EY_Tax

          詳細を表示

          TradeWatch

          四半期ごとのインタラクティブなニュースレターにより、世界各地の関税や貿易に関する最新情報と見解を提供します。

          詳細を表示

          お問い合わせ

          より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。